松本さんとのライブ

 いんやぁ~・・・無事終わりましたですよ~・・弾き語り紙芝居&ママクリオLiveが。

 ギャラリーいっぱいのお客様にお越しいただき、ありがとうございました!

 普通、ギャラリーとかインストアライブなんかだと、お客様が演奏者のすぐ近くまで
ぎゅうぅ~・・・っといらっしゃって、しかもライブハウスと違って、お客様も演奏者も同じ照明の下で演奏するものですから、お客様の表情もよぉ~っく見えたりして、ヘンに緊張してしまったりするんですけど、今回は、そういった妙な緊張感もなく。

 紙芝居の前に、ママクリオだけの演奏が30分くらいあったのですが、お客様が皆さん、暖かい目で見守ってくださっているような、静かに楽しんでいらっしゃるような雰囲気が感じられ、楽しく演奏できました。

 この妙な安心感は、やはり松本さんパワーなのかもしれません。
 そして、実は実は、スペシャル飛び入りゲストあり~♪
 大船にでも乗ったような心持ちで演奏できたのは、この方のおかげかも・・・
いえ、たぶんこの方のおかげ。。

 なんと、パスカルズの名パーカッショニスト、龍太郎さんがねー。
 来てくださったのですよん。
 で、ママクリオに全曲参加。
 
 常々すごい方だとは思っていたけど、
 龍太郎さんの偉大さを再認識させていただきましたです!
 とても初めてとは思えない名人芸。。。
 アフリカの曲なんか、水を得た魚とは、まさにこの事。もう真骨頂でしたね~。
 あまりに素晴らしいんで、演奏中何度も振り返ってしまいました。


 そしてそしてママクリオLiveのあとは、
 少し休憩をはさんで、松本さんの弾き語り紙芝居のはじまりはじまり~。
b0182670_543583.jpg
 

 松本さんってば、本当に素敵。
 写真をご覧いただけばわかると思いますが、とってもお洒落。
 パリで買ったという赤い帽子と、それに合わせたワンピースがとてもお似合いで、まるで松本さんの銅版画から飛び出してきたような雰囲気。
 なのに、ヒゲ。
 鼻の下に、ナントカ伯爵みたいなつけ髭。
 それが全く違和感がない。
 まさにヒゲ美人。

 それでいてエレキギターを弾きながら、紙芝居をするんです。
 しびれるでしょ。素敵すぎて。
 
 お話にあわせて、ママクリオは不穏な音を出したり、爆発音を出したり、
松本さんと一緒に演奏したり・・・・・と、大忙しでしたので、予想通り、かなり疲れましたが、
皆さんに楽しんでいただけたようで、充実感いっぱいなんでありました。
 ママクリオCDも、たくさんお買い求めいただき、嬉し涙涙涙。。

 個人的には、お会いしたいと思っていたバグパイプの巨匠にもお越しいただき、
たくさんお話を伺うことができたのも、大変、勉強になりましたし、さらに充実した楽しいひと時だったのでございました。

 楽しみにしていたライブ後のお菓子は、ハスの実とキノコのサクサクしたもの&オレンジの練った餡の入ったクッキーのようなもの(松本さん談)で、ハスの実とキノコはさくさく香ばしく、ソフトクッキー?・・は、飴のような柑橘系?果実の甘みとやわらかさ・外側のあまり甘くないシンプルなサクサククッキーが絶妙なバランスで、口に入れるとほろろっと崩れる食感がやめられないとまらないっ!
 これだったら、毎食後イケる・・・。

 そしてたぶん初めて戴いた台湾茶も、薬草のようなスッキリとした味わいで美味でした。
 ひとりずつ、小さなガラスの蓋つきカップにお茶の葉(日本茶のイメージではなく、ハーブティーですね)が入っていて、そこにお湯を注いでいただくのです~。

 
 写真は、国立の骨董屋さん「ローズリング」さん撮影。
 会場のあちこちに、ローズリングさんのブルーウィローの食器が楚々として置かれ、密やかに華を添えておりました。

  
[PR]
by kuri_sute_mama | 2010-05-18 05:15 | 音楽
<< 松本さん個展&Live 総まとめ也 「森の中をあるいてみると」三人... >>