カテゴリ:アロマ( 4 )

庭のゼラニウム


b0182670_2463065.jpg荒れ放題だった庭。やっと草取りをして芝生を刈り、荒れ地からレベルアップ。「ちょっと淋しい庭」になりました。
 
 その庭で、ローズゼラニウムの勢いがすごい。
 その昔、某チェリスト・師匠M木さんが、
 あんまりギュウギュウに植えると、ハーブ達がそれぞれ毒を吐きかけあって呪いあい、双方ともに枯れてしまう ので間引きしましょう・・・と、「ハーブ達の呪い合戦」のお話をされてましたが、

 まさに今、ウチの淋しい庭ではハーブ達の呪いあいが繰り広げられている。
 というか、ローズゼラニウムの圧勝。。。
 ゼラニウムの呪いが周りのハーブ達を襲う。

 なんたってローズマリーに覆いかぶさり、ティートリーは押されてナナメに、マリーゴールドやジャスミンさえも脅かし、ディルなんかはすっぽり包まれて枯れてきてる。。。

 というわけで、伸びに伸びきった茎・葉を切ってあげました。
 ちょきんちょきん、と切ってあげると、散髪したようにスッキリ。
 ゼラニウムの下敷きになって、まるで地下茎のようになってしまったセントジョーンズワートもやっと顔を見せ、やれやれ・・といった感じです。
 
 大量の茎と葉はお風呂に入れて、ゼラニウム湯に。
 結構香りが強い葉なのですが、お湯に入れるとほのかに香る程度でした。
 翌日の方が、色も濃く出て香りも良く、2日間にわたりゼラニウム湯を堪能いたしました。

 写真のとおり、まだまだ葉っぱは大量にありますので、当分、ハーブバスを楽しめそう。
 
[PR]
by kuri_sute_mama | 2009-07-10 02:48 | アロマ

産後のケア

 友人の奥さまに、産後のケアのためのトリートメント。
 
 タオルや精油、とりあえず一式用意はしていったけれど、はっきりした約束をしていなかったので、もし彼女が希望したらフットマッサージだけでも・・と軽い気持ちで
訪ねたのがまずかった。

 ありがたいことに、彼女はアロマトリートメントをとても楽しみにしてくれていて
 結局、オイルのリーディングから始めて、下肢・背中・お腹、と60分近いトリートメントを実施。

 彼女自身もヒーラーなんだそうで、精油のリーディングでは、彼女に触れている私の手がしびれっぱなし。
 おかげさまで的確なリーディングができたけれどね。

 貧血が続き、産後のヒダチも悪く、子宮もなかなかもとに戻らないという。
 クチでは「でも元気だよ~」なんて言っていたけど、身体に触れると、出産が女性にとってどれほどの大仕事であるかが、痛々しいほど伝わってきた。
 まさに傷の手当をするように、自然と、ゆっくりゆっくり温めながら包み込むようなトリートメントに。
 
 そんなわけで、ボロボロになった身体に触れた途端、グラウンディングするのも忘れて、ついついのめりこんでしまいましたのですよん。
 施術者にとって、目の前の肉体の痛みや状態を理解するのは大事なことなんだけど、自分がその状態に一緒に陥ってはダメなんであるよ。
 なのに彼女の身体をケアしようと、すっかり状態を共有し、しかも自分のエネルギーを使ってしまったのだ。
 
 セラピストにとって重要なのは、手技の上手さだけではない・・ということをスクールで教わったはずなのに。
 「ちゃんとグラウンディングをして地に足をつけた状態で、地球のエネルギーを使って施術をすること!」
 「クライアントの悪いモノを自分を通して地に流す、ということをしないで、自分のなかに溜め込んだり、自分のエネルギーを使い果たしてしまっては、セラピスト自身が身体を壊してしまうのよっ」 
 「そのことを知らずに働き続け、顔が真っ黒になって体調を崩し辞めていく人も結構多いんです」
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・きゃ~・・・・・・・・
 
 私は、このトリートメントの翌日、一日グッタリ寝込みました。
 そして反省しながらグラウンディング。
 
 でもね。
 土曜日のリハで、天使の歌声や怪しい鐘の音がするギターにパワーをもらい、
 おかげさまで、すっかり元気になりました。

  また、今週、彼女を訪ねようと思っています。
 今度はきちんとグラウンディングしてトリートメントを。

 ちなみに産後ケアのブレンドは、

 ゼラニウム
 マジョラム
 レモン
 サイプレス

 子宮収縮を助け、血液の循環をよくして、疲労した心と身体を温める・・・ってな感じ。
 これらがまた、自然にセレクトされるからすごい!
 ついついリーディングに頼ってしまうのよね~ 。  
[PR]
by kuri_sute_mama | 2009-07-01 01:49 | アロマ

あくまでも「香り」がサポート

 メンタル面のサポートのために、コロンとマッサージオイルをブレンドした。
 
 コロンは、その人に必要であろうと思われる精油を何種類かあらかじめ選んでおいて、香りを確認してもらってブレンド。 あまり好きではない、という香りがあればそれを外して。

 マッサージオイルは、その人が自覚している症状も聞いたうえで、リーディングを行い選んでいく。
 
 興味深かったのは、あまり好きではない、と外したオイルが、リーディングでは選ばれたこと。
 そして、すごい匂いだねぇ・・・・と鼻から遠ざけたくなるようなのが選ばれたこと。

 そんなオイルを選んでしまったのは、私の修行不足なのかもしれない・・・とも思ったが
持って行った虎の巻をみて調べてみると、両方ともやはり症状とピッタリ合っていたりして、
う~ん・・・またもやリーディングの凄さを再認識。

 しかも、それらのリーディングで選んだオイルをブレンドしてみると、実に深みのある落ち着きのある香りに。
 もちろん、「あまり好きではない」のと「鼻を遠ざけたくなるような」・・・の2つは控えめにしましたけどね。
 
 これらのオイルやコロンは、彼女もとても気に入ってくれたけど、
私が彼女にしてあげられることは、これが限界なのかも・・と感じた。
 
 人の心の内をどうこうしようなんて、傲慢なのだ。
 医者でも専門家でもないのだから、解ったふりをしてドカドカ踏み込むようなことはしてはならない。
 アロマのスクールで、「セラピストとは、同等の立場で寄り添うこと」と教えてもらったことを
痛感する。 
 私はあくまでも香りを提供するだけであって、本当に心をケアしてくれるのは「香り」そのものなのだ。

 にもかかわらず、提供するはずの「香り」のフランキンセンスが途中でなくなってしまい、ショックを隠し切れない私。
 1本のボトルから1回に使用する精油の分量は、たいてい2~3滴・・・ととても少ないので、
 「いざ使おうと思っていた時に、あと残りわずか・・・ってことがあるので気をつけましょう」って教わったのも思い出しました・・・・とほほ。
 
 コロンのブレンド

 ・ベルガモット
 ・オレンジ
 ・ラベンサラ
 ・マジョラム
 ・サイプレス
 ・ラベンダー

オイルのブレンド

 ・ローズウッド
 ・サンダルウッド
 ・ゼラニウム
 ・イランイラン
 ・カモミールジャーマン
 ・ラベンサラ

 
  
[PR]
by kuri_sute_mama | 2009-05-27 16:44 | アロマ

アロマセラピー

 b0182670_10373850.jpg 
 ある友人のために、エッセンシャルオイルでコロンを作ってプレゼントした。
 ちょっとクセのある香り。花の香りというより、どちらかというと草の匂いに近い。
 気に入ってもらえるか少し不安でしたが、香りがダメだったら処分してねとメモを添えて渡した。
 気に入らない・くさい・受け付けない・・・というのは、今のその人にとって必要な香りではないから。
 
 ブレンドしたオイルは、

 ・フランキンセンス
 ・マジョラム
 ・クラリセージ
 ・サイプレス
 ・ラベンダー
 ・ローズウッド
 ・ベルガモット

 消えることのない深い喪失感を受け入れるため。
 緊張感を解き、リラックスできるように。
 消耗した神経を慰め、心を温めるため。

 結果、彼女はとても気に入ってくれたようでひと安心。

 早く元気になって・・・とは言いたくない。
 私は彼女ではないので、彼女の悲しみは理解できていないのかもしれない。
 私ではなく、香りが彼女の助けになれば。

 
 写真は、荒れ地(庭)に咲くローズゼラニウムとフェンネル。ひと冬越し、暖かくなり始めた途端、広がりまくり。手入れしてあげないとなー。
[PR]
by kuri_sute_mama | 2009-05-21 10:41 | アロマ